松尾芸能賞

財団法人松尾芸能振興財団が日本の伝統ある劇場芸能を助成し、振興し、もって我が国独自の文化、芸能の保存及び向上に寄与することを目的とし、劇場芸能出演者、助演者並びに研究者や、演出、舞台・用具等所要施設関係技能者、音楽関係技能者、劇場芸能の公開、海外出演その他諸企業、などに与えられ、昭和54年に創設された芸能賞である。



1 / 1312345...10...最後 »



第37回松尾芸能賞

 

大 賞 演劇 平 幹二朗 劇団俳優座座員となって以来、実に60 年。1960 年代までは、俳優座や劇団四季の舞台で、多彩な役柄でスケールの大きい魅力ある演技を展開し、新劇界では数少ない知名度の高いスターとして着目されていた。しかし、そこにとどまることなく1970 年代以後は、蜷川幸雄演出による数多くの作品に出演し、単に「新劇」のジャンルに留まらない無類の表現力を備えた俳優として国際的にも評価されるに至った。その功績は演劇だけでなく、著名監督の映画やテレビに数多く出演し大衆の記憶に残り、前衛と結びつけるという大きな役割を果たした。
優秀賞 邦楽 宮田 まゆみ 雅楽の笙奏者の第一人者で、現在雅楽の演奏団体「伶楽舎」で活動している。宮田まゆみ氏は、若い時から笙を独奏もできる楽器として技法に工夫を加え表現を考えリサイタルを行ったりCD を制作するなど、国内にとどまらず海外でも注目されてきた。最近もアメリカの大作曲家ジョン・ケージが作曲した笙独奏のための超大作「One9」を演奏し、天空からの贈り物のような笙の音に別世界にいるような深い感動を与えた。宮田まゆみ氏は笙のために天から遣わされたような人であり今後の活動も期待される。
優秀賞 邦楽 杵屋 勝四郎 長唄の家に生まれ、師匠にも恵まれてきたが、坂東玉三郎の「蜘蛛の拍子舞」をはじめ歌舞伎舞踊でしばしば立唄をつとめ、艶のあるのびやかな美声で格調高く長唄の魅力を伝えている。そうした舞踊の地方としての活躍にとどまらず、自身のリサイタルでは「安達ケ原」など杵勝三伝の名曲に密度の高い演奏を披露するとともに趣向を凝らしたテーマで長唄への理解と親しみをアピールしている。また、芝居やアニメに作曲で参加、ラジオ出演、CM音楽や創作邦楽、後進育成といった多ジャンルでの幅広い多彩な活動は大きく称揚される。
優秀賞 演劇 一路 真輝 昭和57 年に宝塚歌劇団に入団、ずば抜けた歌唱力で注目を集め、平成5 年に雪組のトップスターになった。平成8 年に「エリザベート」のトートを日本初演して退団した。以後はミュージカルスターとして「王様と私」などに主演してきたが、平成12 年の東宝版「エリザベート」の初演でエリザベートを演じ、男女の主役を1 人で演じる快挙を果たした。一方で「娘よ」など大劇場演劇にも出演し、平成27 年には明治座「春日局」で徳川秀忠の妻お江与、東京芸術劇場でミュージカル「シャーロック ホームズ2」のワトソン、世田谷パブリックシターで「道玄坂綺譚」の小町を演じ、汚い老女が絶世の美女に変貌するという至難の役だが、見事に造形し新しい芸域を拓いた。
新人賞 演劇 尾上 松也 六代目尾上松助の長男で、平成2 年5 月歌舞伎座「伽羅先代萩」の鶴千代で二代目尾上松也を名のり初舞台。以後、父の所属する菊五郎劇団で修業し、すらりとした姿態と整った顔立ちを活かした娘役として活躍してきた。近年は立役にも芸域を広げ、「寿曽我対面」の曽我五郎など大役に起用された。一方で蜷川幸雄演出「騒音歌舞伎 ボクの四谷怪談」など歌舞伎以外の舞台にも出演し、多くのファンを集めた。平成26 年の「四国こんぴら歌舞伎大芝居」で「加茂堤」「車引」の舎人桜丸、「寺子屋」の武部源蔵、渋谷・コクーン歌舞伎第十四弾の「三人吉三」のお坊吉三、平成27 年には新春浅草歌舞伎の中心メンバーの一人として出演し「仮名手本忠臣蔵五段目・六段目」の早野勘平、ミュージカル「エリザベート」のルイジ・ルキーニを演じるなど花形スターの地位を確立した。
特別賞 舞台美術 鳥居 清光 浮世絵鳥居派の画系を伝えるただ一人の継承者である鳥居清光氏は父の鳥居派八代目 五世鳥居清忠の画室で幼少から身近に接し、東京藝術大学日本画科を卒業後、父の助手をつとめて本格的に画法を学び、五世清忠の没後、昭和54 年4 月に歌舞伎座の絵看板を初めて手掛け、以来37 年間にわたって歌舞伎座の絵看板を描きただ一人守り続けている。昭和57 年11 月に鳥居派の長い歴史で初の女流浮世絵師として九代目を襲名。とりわけ女性にとって大変な肉体労働に耐え、歌舞伎の絵看板という伝統を努力と情熱をもって維持してきた。
功労賞 能楽 富山 禮子 600 年以上の歴史をもつ能楽は女人禁制の歴史が続く男性社会であったが、平成16 年富山禮子氏は初めて、女流能楽師22 人の重要無形文化財総合指定保持者の一人として認定された。梅村平史朗逝去後、金春流の先代 七十九世宗家 金春信高に師事し、シテ方能楽師の困難な道を歩んできた。たゆまぬ努力で女流能楽師のパイオニアとなり端正で気品あふれる能への評価は能楽界でも高い。女性で初めて三老女の一つ「伯母捨」を許された女流能楽師の最長老にとどまらず、女流の地位向上、後進の育成にも大きな貢献を果たしてきた。
研修助成賞 大衆芸能 お笑い浅草21世紀 お笑い浅草21 世紀は社団法人日本喜劇人協会の九代目会長をつとめたコメディアンの故・橋達也を初代座長に平成10 年に結成された。かつて浅草が生み出したエノケンたちの東京喜劇、浅草軽演劇の灯の復活を旗印に18 年間の長きにわたって浅草・木馬亭を本拠に毎月の新作喜劇を上演し続けている。橋座長の死後、大上こうじ座長のもと劇団活動を展開しているが、平成16 年のエノケン生誕100 周年記念公演「君恋し」が文化庁芸術祭で大賞を受賞するなど評価も高い。

第36回松尾芸能賞

大 賞 歌謡 五木 ひろし 芸能生活50周年を迎え、あらゆるジャンルの作品を歌いこなす優れた歌唱力は誰もが認めるところである。
「よこはま・たそがれ」の大ヒット以来、現在まで歌謡界を牽引し続け、レコード・CDの売上げはもちろんのこと、各媒体への出演や商業劇場での長期座長公演、全国コンサート等、多分野に亘る活動で多くの人に感動を与え親しまれてきた。日本の歌謡音楽文化の普及・発展に大きく寄与してきた功績は称賛に値する。
優秀賞 舞踊 出雲蓉 「第47回出雲蓉の会」で地唄舞「夕顔」「葵の上」の二曲に出色の味わいを見せ舞の成熟を感じさせた。
とりあげた二曲はともに「源氏物語」を本説とする謡曲に材をとった地唄の舞で、御息所の怨霊を浮彫りにし、その演出・振付は高貴の女性の哀切と悲愁をよく表出し感銘の深い作品に仕上げた。
また「地唄舞をわかってほしいと希う会」を現在まで5回主催し上方舞・地唄舞の普及啓発と愛好支持者の拡大に尽力した活動を続けている。
優秀賞 邦楽 奥村旭翠 奥村旭翠氏の筑前琵琶の語りほど、一音一音、一語一語が明快で美しい日本語は多くの伝統音楽の中でも滅多にない。よく通る声で暖かく情のこもった、しかし悲しげな叙情的な表現から荒々しい豪快な表現までその劇的表現の巧みさで人々を惹き付ける。琵琶の音は芯がある音で人の心にしみわたるような静かな一音から、激しい戦いの場面まで琵琶も物語を語っている。
近年、見失われがちであった筑前琵琶の魅力を彼女の芸は見直させるだろう。
優秀賞 テレビ 室井滋 NHK連続テレビ小説「花子とアン」で、ヒロイン村岡花子の母親役「安東ふじ」をつとめ、大正・昭和戦前期の貧しい農家の一人娘、気ままな入り婿の妻、夢多き娘と悩み多き子たちの母という難役を的確に演じ分け、みごとな存在感を示して光るものがあった。
主役を引き立てながら同時に脇筋としての女の一生の姿を現実味あり豊かに演じてこの一篇のドラマに膨らみと重厚さを加えることに奏功した。
優秀賞 演劇 井上芳雄 東京藝術大学在学中に「エリザベート」で鮮烈デビューを飾って以来、「モーツァルト!」、「ミス・サイゴン」、「ダディ・ロング・レッグズ 足ながおじさんより」等、大作や話題作に主演し高い歌唱力と柔軟な演技力でそれぞれの役を的確に造形し日本のミュージカル界を牽引してきた。
一方、ストレートプレイにも数多く出演して優れた演技を示し、歌手、俳優としても幅広い活動を続けている。
新人賞 演劇 中村七之助 昭和62年に「門出二人桃太郎」で二代目中村七之助を名乗って初舞台を踏んで以来、父十八世中村勘三郎の指導のもと歌舞伎の修業を重ねてきた。
近年は清潔感のある容姿を活かし若手女形として数々の娘役を演じてきたが、父が急逝後は兄である勘九郎と中村屋一門を支えるとともに、父の遺志を継ぎ納涼歌舞伎、コクーン歌舞伎、平成中村座公演を続けてきた。
平成中村座ニューヨーク公演、凱旋記念も行うなどめざましい活躍を見せた。
特別賞 映画 戸田奈津子 半世紀にわたり数多くの映画字幕翻訳を担当してきたスペシャリストである。字幕という限られた字数の中で役にふさわしい語彙や言葉遣いで人物の性格や人柄を伝え、時には瞬時の状況や感情の変化さえも理解させ、映画を観る楽しさと喜びを与えてきた。戸田氏の訳した字幕のなかには、観客の思い出に生涯残るような名セリフも少なくない。まさに、映像の世界の隠れた職人芸ともいうべき堅実で熱意ある仕事ぶりは顕彰にふさわしい。
功労賞 演芸 根岸京子 浪曲(浪花節)の定席として浅草の木馬亭は今や極めて貴重な存在となっているが、その席亭として半世紀に及び浪界振興発展のために貢献してきた。特に浪花節の芸能伝統が弱体化し、その保存が危ぶまれた時期をひたむきな尽力によって逆境を盛り返し今日の成果が導かれたことは高く評価できる。
研修助成賞 民謡 日本民謡プロ協会 同協会は自主公演「民謡定席」を毎月開催し、バイタリティーと親しみのあふれるステージ構成で舞台と客席が一体となって民謡の楽しさ、素晴らしさをホール全体に繰り広げている。郷土色豊かな民謡が伝える庶民の哀歓や風俗伝承を多年にわたり続ける同協会の熱意と努力は、日本の芸能にとって極めて貴重でその功績は大きい。

第35回松尾芸能賞

大賞 演劇 波乃久里子 平成25年で誕生から125周年を迎えた新派を2代目水谷八重子とともに支えてきた功績は大きい。女優として「婦系図」のお蔦、「日本橋」の清葉などの古典や、近年は「女の一生」「東京物語」に杉村春子が演じた現代劇の役々まで幅広く活躍し、独特な味、存在感は素晴らしいものである。初代八重子門下として芸にかける意欲と細部にわたる綿密な役づくりで劇団新派の牽引車としての重責を果たしている。
優秀賞 演劇 尾上松緑 昨年、歌舞伎座4月「忍夜恋曲者」将門にて大宅太郎光圀役、7月「加賀見山再岩藤」骨寄せの岩藤にて岩藤の霊と鳥井又助の二役、「東海道四谷怪談」の直助権兵衛、9月「新薄雪物語」詮議の幸崎伊賀守などで優れた演技を見せた。今後の更なる活躍が期待出来る。
優秀賞 邦楽 中川善雄 現代最高の笛の奏者である。長唄をはじめ非常に多くの舞台に出ているが、いつも良いタイミングでその場の情景にふさわしい音色、情感の表現など極めて魅力的な演奏をする。舞踊で中川氏の笛が鳴ると、踊りより目を引かれ一瞬にして魅了されるほどである。
優秀賞 演劇 渋谷天外 曾我廼家劇以来の上方喜劇としての松竹新喜劇を懸命に継承しようと一座をまとめている。今では他で見られない一堺漁人(曾我廼家五郎)や館直志(二代目渋谷天外)の作品を上演し続け、単に笑いだけでない上方喜劇の魅力を伝え続ける意味は大きい。昨年2月、新橋演舞場の「おやじの女」野沢半助役を好演した。65周年を迎えた松竹新喜劇に更なる活躍を期待したい。
優秀賞 舞踊歌謡 相原ひろ子 新舞踊の世界で圧倒的な人気を博し「舞踊歌謡の女王」といわれる。秋田民謡の出身であり、16歳で民謡歌手としてスタートしたが民謡のみならず端唄、長唄等を取込んだ純和風の舞踊歌謡で多くのファンを持つ。三味線を使った和の舞踊歌謡としても評価されている。新舞踊での人気曲は「新隅田川」「春雨情話」「おわら慕情」など数多い。新舞踊公演に相原氏の曲が登場しないケースはないと言っても過言ではない。
新人賞 歌謡 福田こうへい 民謡の日本一から歌謡界に転じ、昨年リリースした「南部蝉しぐれ」が10万枚超の大ヒットとなった。
カラオケ歌唱ランクの1位をキープし、1年を通して上位を保つパワーは圧巻である。歌謡界に新風を吹き込んだだけではなく、その声量と歌唱力はスケールが大きく久々に現れた大型新人であり、今後の活躍も期待できる。昨年のNHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。
特別賞 音楽 ペギー葉山 昭和20年代より活躍を続け、しかも知名度も変らず高い貴重な存在である。
ジャズ、シャンソン、歌謡曲まで幅広い歌唱に加え、ミュージカルの舞台でも活躍してきた。昭和30年代、40年代と「ある時代」を強く実感させ、世代を超えて知られる歌を歌い続けてきたことを顕彰したい。
特別賞 舞台音楽 竹本朝輝 地方の地芝居、子供歌舞伎、人形芝居 等における浄瑠璃太夫としての存在価値は大きい。
日本各地で出演を続け、その心情深い語りと迫力のある声で観客に感動を与えてきた。現在、国立劇場の研修生を始め岐阜県揖斐川町などで義太夫を教え、次世代への伝承に力を注いでいる。
功労賞 演劇 中村小山三 歌舞伎界の最長老にとどまらず大向を沸かせる名物役者である。17代目中村勘三郎に入門、初舞台からすでに87年が過ぎた現在も歌舞伎座、明治座などの舞台を勤め、7月は「東海道四谷怪談」の宅悦女房おいろ、8月に「鏡獅子」の老女飛鳥で健在ぶりを示した。17代目勘三郎の門下として得た知識や芸を、18代目勘三郎をはじめとした多くの歌舞伎役者に繋げてきた功績は大きい。現役第一線で歌舞伎を支え永年の歌舞伎界への貢献を称えたい。
1 / 1312345...10...最後 »